×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戦国武者にふさわしい死に方は?
伊達政宗

辞世の句:政宗と幸村の死に方




■伊達正宗:1567年9月5日〜1636年6月27日 (満68歳没)。

死因は癌性腹膜炎あるいは食道癌(食道噴門癌)と推定されている。
「伊達男」の名にふさわしく、臨終の際、妻子にも死に顔を見せない心意気であったという。

辞世の句は、「曇りなき 心の月を 先だてて 浮世の闇を 照してぞ行く」。


■真田幸村:永禄10年(1567年)とされる生年は没年齢の49歳から逆算されたもので、月日は不明。

大阪夏の陣の最中、味方の傷ついた兵士を看病していたところを襲われ、越前松平勢鉄砲組の西尾宗次にその首を授けた。享年49。

辞世の句は、特に残っていない。


※実は、2人は同い歳。



戦国ファンにはたまらないポータルサイト。歴史ファンにも有名な「歴史群像」の編集部が監修。武将情報から名城・堅城などの史跡情報、異説なども毎週コラムを配信。




日本唯一の公式戦国サイト「戦国モバイル」。全国の戦国史跡に簡単にいくことができる「戦国地図」、戦国武将の情報、待受など盛りだくさんの戦国サイト。



戦国乱世 伊達政宗 VS 真田幸村

(C)戦国乱世 伊達政宗 VS 真田幸村

関連サイト:美的生活 骨盤専門サイト 現役人事採用担当者が教える就職までのコツ 戦国ゲーム 戦国の女たち 交通事故無料相談サイトZENGI